三叉神経痛

こんばんは

弁天カイロプラクティックオフィスの冨永です。

ご来院いただいている皆様ありがとうございます。

昨日の施術を受けていただいた方で、三叉神経痛の方がいらっしゃいました。

私自身ちょくちょくと対応させていただく症状でありながらご存じない方も多いので三叉神経痛について書かせていただきます。

三叉神経痛とは、顔に触れたり、ものを食べたりと動きの拍子に顔や目の奥などに痛みが出る状態です。痛みはかなり激しいものもあります。
 感覚を伝える三叉神経という神経に何かしらの原因で刺激が入ることで起こす痛みです。

症状は、

顔や顎、目の奥の痛み、時にはしびれ感が洗顔や歯磨き、飲食、化粧などの動作時に起こる。

一般的な対処法は、

てんかん用の薬などによる神経の伝達を抑え痛みを軽くする。
手術により、腫瘍の摘出、空間の解放。
麻酔薬によるブロック注射

当院のアプローチ 

原因部位の空間解放のための骨間調整、膜の緊張解放、骨格バランス調整 

かなり長い年月、痛みをもっている方も多いです。早めの対応で楽になりましょう。

弁天カイロプラクティックオフィス
06-6572-8281
大阪市港区弁天2-13-20-302

靴底

こんばんは

弁天カイロプラクティックオフィスの冨永です。

ご来院いただいている皆様ありがとうございます。

今日は, 出張施術の日でした。

電車で乗り換え移動中,階段でふと斜め前の方若い男性の皮靴に目が行ってしまいました。

右側の靴だけが

かかと外側半分,外側後ろから半分くらい,かなりすり減った状態でした。

歩き方にまず目が行き,靴を見てこの状態でした。

ホームで立ち止まったのでふっと姿勢をみてしまいました。

かなり中心軸が偏りねじれた状態で電車を待っておられました。

そして足元はすり減った部分に体重かけて立たれていたのです。

おそらく普段からその姿勢が一番とりやすい姿勢状態になってしまったようです。

履物の底が安定していないと、姿勢の崩れにつながります。

また、逆に姿勢が崩れると靴底のすり減りに左右差が出てきます。

ご自身の履物の底面・姿勢の状態はどうですか?

弁天カイロプラクティックオフィス
06-6572-8281
大阪市港区弁天2-13-20-302

産後

こんばんは

弁天カイロプラクティックオフィスの冨永です。

ご来院いただいている皆様ありがとうございます。

今日は先月に出産されたママさんにご来院いただきました。

主訴は産後の背中と首の痛みでした。

どちらも育児期によく出る症状です。

そして、原因は授乳や抱っこの姿勢からくるものが大半です。

今までと違った姿勢を繰り返すことで起こってしまいます。

ストレッチで回復できるうちは問題ないですが、回復できないようなら筋肉や骨格の調整をうけると効果的です。

育児は大変ですが、楽しんですごしてくださいね。

弁天カイロプラクティックオフィス
06-6572-8281
大阪市港区弁天2-13-20-302

すぐ受診

こんばんは

弁天カイロプラクティックオフィスの冨永です。

ご来院いただいている皆様ありがとうございます。

今日は、セミナー参加のため臨床はお休みさせていただきました。

セミナーでは、基本中の基本ですが、午前中は

必ず病院で検査・処置が必要な状態についての話でした。

簡単に書くと

傷や打撲など外部から強い力などを受けて組織を損傷
安静にしていても痛みが続き楽な体勢がない。
痛みが移動する。
発熱や湿疹などを伴う痛み。

内臓や免疫、精神疾患からくるものの可能性が考えられますので
すぐ受診してくださいね。

弁天カイロプラクティックオフィス
06-6572-8281
大阪市港区弁天2-13-20-302

慢性疲労症候群

こんばんは

弁天カイロプラクティックオフィスの冨永です。

ご来院いただいている皆様ありがとうございます。

今日は、現在は月に1回身体のケアでご来院いている方の主訴であった慢性疲労症候群についてです。

慢性疲労症候群とは、6か月以上の長期間にわたり身体を動かせない程の疲労や頭痛や筋力低下、痛み、腫脹、微熱、精神神経症状などで日常生活に支障が出る病気
 原因は明らかになっていないが症状や研究から神経系、ホルモン系、免疫系の問題から症状を起こしている説が有力。

症状は、重い疲労感、頭痛や筋肉痛、微熱や脱力感、睡眠障害、精神障害と様々である。

一般的な対処法は
漢方などの薬物療法、ビタミンCなどのサプリメント、
免疫調整剤、痛みには鎮痛剤、精神障害にはカウンセリングと症状に合わせて処置されます。

当院のアプローチは、
自律神経系の安定活動、
筋・骨格・神経システムバランス調整、
筋活動の活性化    といった調整により免疫系、ホルモン系、神経系、筋骨格系の調整を行います。

弁天カイロプラクティックオフィス
06-6572-8281
大阪市港区弁天2-13-20-302

寝違え

こんばんは

弁天カイロプラクティックオフィスの冨永です。

ご来院いただいている皆様ありがとうございます。

今日の午前中はインターナショナルカイロプラクティックカレッジにて頸部検査の実技講師、そして、午後からは、院にて臨床でした。

ちょうど首の痛みで今日ご来院いただいた30代女性と授業の検査が一致していたのでそのことを書かせていただきます。

寝違えでの首の痛み(急性疼痛性頸部拘縮)

寝違えとは、起床時に首や肩に動かすと痛みがでたり、痛みで動かせない状態をいいます。
    多くの人が経験するありふれた症状ですが、痛みはかなり強く鋭いものです。

症状は、鋭い痛み、首を動かすと痛かったり痛みで動かせない。ひどいと頭を手で支えないと動けない状態の時もあります。
 レントゲンやCTでは異常が見られません。

一般的な対処法は、経過観察の自然治癒、消炎鎮痛剤や筋弛緩剤の服用、湿布、麻酔薬の注射(神経ブロック注射)など

当院のアプローチは、痛みの部位の関節、靭帯、関節包、筋肉の原因部分の調整
          頸部関節・筋肉につながる動きの全身連動調整 等を行います。

弁天カイロプラクティックオフィス
06-6572-8281
大阪市港区弁天2-13-20-302

外反母趾

こんばんは

弁天カイロプラクティックオフィスの冨永です。

ご来院いただいている皆様ありがとうございます。

本日、首の痛み、外反母趾で来院された30代女性の主訴から外反母趾について書かせていただきます。

外反母趾はかなり知名度の高いもので内容もよく知っている方もいらっしゃるかと思います。
女性に多く足の親指が外側(人差し指側)に曲がった状態をいいます。
曲がった関節部位の痛みなど症状によっては歩行にも問題が出てしまったり
内反小指、開帳足といった状態を併発することもよくあります。

症状は、
足の親指の関節の変形だけでなく、
関節が靴に当たったり、
動かしたりすることで 

痛みやしびれ、腫れや炎症を起こす事が多いです。

来院された方は動かしたり、歩いたら痛みがきつくでる状態でした。

一般的には、多くは痛み止め湿布、矯正の装具、インソール、運動といった対処がほとんどですが、場合によっては手術を行います。

当院では、

症状部位である足の関節(28個の骨からなるそれぞれの位置関係や動き)調整
   足部の筋肉の調整、
   体幹、骨盤や膝、股関節からくる動きの位置、連動調整
   身体の重心バランス調整
のアプローチを行い痛みなくスムーズに動けるように施術サポートさせていただきます。

施術させていただいた女性は親指の関節の位置と膝・股関節の連動の動きが痛みの原因でした。

弁天カイロプラクティックオフィス
06-6572-8281
大阪市港区弁天2-13-20-302

発達・あそび・運動 @ぴよぴよアイランド

こんばんは

弁天カイロプラクティックオフィスの冨永です。

ご来院いただいている皆様ありがとうございます。

今日は午前中は、ぴよぴよアイランドさん にて子どもの成長と発達やあそびと運動について講座を行いました。

ママさん達は熱心に聴いていただき色々と質問に答えさせていただきました。

楽しく育児をしながら、子ども達がしっかりと元気に育ってほしいですね。

弁天カイロプラクティックオフィス
06-6572-8281
大阪市港区弁天2-13-20-302

側弯症(脊柱側弯症)

こんばんは

弁天カイロプラクティックオフィスの冨永です。

ご来院いただいている皆様ありがとうございます。

今日は、側弯症(脊柱側弯症)についてです。

側弯症の主な症状は、
背骨が左右にまがり肩の高さが違ったり身体がねじれたりする外見的な症状

背中や肋骨の痛みや呼吸のしずらさ、息苦しさ、体の動かしにくさといった機能的な症状
を持つ場合があります。

側弯症とは、女性に多く大半が原因不明の特発性側弯症と脊椎などの奇形によってできる先天性側弯症、他の疾患などで筋肉、神経に問題が起こりできる症候性側弯症があります。

初期は、自覚のない事が多いです。
成長に伴って肩の高さの差やゆがみやねじれによる筋肉の盛り上がりや
身体が左右での曲げやねじりの動きに極端な差がでたりすることで気づきます。

一般的な対処法は、
子どもの場合、経過観察しながら側弯の程度が軽いなら運動療法を行ったりします。進行が速い場合は手術や装具で変形の矯正を行います。
大人の場合は症状をみて手術するかを決めます。

当院のアプローチは、

症状の原因部位周囲の関節の動きと筋肉の伸張バランス調整
側弯症からの2次的な姿勢のゆがみ矯正、自律神経系調整 
を身体全体の調整に組み込んで行います。

弁天カイロプラクティックオフィス
06-6572-8281
大阪市港区弁天2-13-20-302

背部痛

こんばんは

弁天カイロプラクティックオフィスの冨永です。

ご来院いただいている皆様ありがとうございます。

今日は、午前中は講師、午後から院での臨床施術でした。

昨日、胸部の症状を少し列挙しました。

その中の症状について書かせていただきます。

背部痛

症状は、言葉のままですが、背中(肋骨のある胸郭後面)の痛みです。

背部痛は以下のような色々な原因で起こります。

胸椎椎間板ヘルニア、胸椎の変性、変形性脊椎症、圧迫骨折、側弯症、などの骨構造

ヘルペス、腎炎、結石(腎臓、尿管)、胆石、心筋梗塞、狭心症などの内臓疾患
   

同一姿勢による筋緊張、筋疲労、筋肉伸縮のし難さ、背骨や肋骨の動きにくさ、姿勢のゆがみといった機能低下

原因となることが多いので判りにくいとは思いますが、

特に気を付けてほしいのは

発疹や発熱が併発していたり、夜中など時間や姿勢を問わず痛みが続く場合

すぐに病院での受診してください。
 
ウィルスや内臓性など薬などでの対応が必要な事が多いです。

弁天カイロプラクティックオフィス
06-6572-8281
大阪市港区弁天2-13-20-302