肩関節 早めの調整

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは

弁天カイロプラクティックオフィスの冨永です。

ご来院いただいている皆様ありがとうございます。

今日は、国際カイロプラクティックカレッジでの講師でした。

解剖学で肩の関節についてでした。

ただ教科書そのままも味気ないので臨床の話を取り混ぜ授業を行いました。

肩の痛みや動かしにくさは日常生活でもストレスになります。

肩を動かすのにどのような動作で負担がかかるのか。

骨の位置関係

動きの際の痛み

などの話をしていました。

肩の症状では特に問題となるのが

四十肩・五十肩といわれるもの

投球やラケットのスイング・アタック等の動作

が多いですよね。

肩関節といっても5カ所の関節に複数の周囲筋肉が絡んできます。

レントゲンでは映らない所がほとんどです。

検査で場所を見つけ調整していく必要があります。

痛みが出てすぐの炎症期を除き

痛いから動かさない事での関節の動きが悪くなります。

関節の動きやすい状態をつくり

ストレス少なく過ごせるようにしませんか。

 

 

 

 

弁天カイロプラクティックオフィス
06-6572-8281
http://www.bntn-of.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です