背部痛

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは

弁天カイロプラクティックオフィスの冨永です。

ご来院いただいている皆様ありがとうございます。

今日は、午前中は講師、午後から院での臨床施術でした。

昨日、胸部の症状を少し列挙しました。

その中の症状について書かせていただきます。

背部痛

症状は、言葉のままですが、背中(肋骨のある胸郭後面)の痛みです。

背部痛は以下のような色々な原因で起こります。

胸椎椎間板ヘルニア、胸椎の変性、変形性脊椎症、圧迫骨折、側弯症、などの骨構造

ヘルペス、腎炎、結石(腎臓、尿管)、胆石、心筋梗塞、狭心症などの内臓疾患
   

同一姿勢による筋緊張、筋疲労、筋肉伸縮のし難さ、背骨や肋骨の動きにくさ、姿勢のゆがみといった機能低下

原因となることが多いので判りにくいとは思いますが、

特に気を付けてほしいのは

発疹や発熱が併発していたり、夜中など時間や姿勢を問わず痛みが続く場合

すぐに病院での受診してください。
 
ウィルスや内臓性など薬などでの対応が必要な事が多いです。

弁天カイロプラクティックオフィス
06-6572-8281
大阪市港区弁天2-13-20-302

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です