慢性疲労症候群

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは

弁天カイロプラクティックオフィスの冨永です。

ご来院いただいている皆様ありがとうございます。

今日は、現在は月に1回身体のケアでご来院いている方の主訴であった慢性疲労症候群についてです。

慢性疲労症候群とは、6か月以上の長期間にわたり身体を動かせない程の疲労や頭痛や筋力低下、痛み、腫脹、微熱、精神神経症状などで日常生活に支障が出る病気
 原因は明らかになっていないが症状や研究から神経系、ホルモン系、免疫系の問題から症状を起こしている説が有力。

症状は、重い疲労感、頭痛や筋肉痛、微熱や脱力感、睡眠障害、精神障害と様々である。

一般的な対処法は
漢方などの薬物療法、ビタミンCなどのサプリメント、
免疫調整剤、痛みには鎮痛剤、精神障害にはカウンセリングと症状に合わせて処置されます。

当院のアプローチは、
自律神経系の安定活動、
筋・骨格・神経システムバランス調整、
筋活動の活性化    といった調整により免疫系、ホルモン系、神経系、筋骨格系の調整を行います。

弁天カイロプラクティックオフィス
06-6572-8281
大阪市港区弁天2-13-20-302

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です