自律神経

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは

弁天カイロプラクティックオフィスの冨永です。

ご来院いただいている皆様ありがとうございます。

気温差の大きい日が続いていますね。

この時期、自律神経を問題とする症状が良く出てきます。

今週あるのが血液循環が悪く、冷え症や頭痛、だるさ、ほてりという症状です。

よく聞く自律神経とは交感神経と副交感神経のことでこの2つの神経がシーソーの様に切り変わり身体の調整に働きます。

自分の意志でコントロールできない部分なので症状として出たときに自分で調整がし難いのが厄介なところです。

消化吸収や呼吸、排尿などの内臓機能や皮膚や細胞代謝、循環機能、体温調整、睡眠障害など症状はさまざまで不定愁訴と呼ばれるものもあります。

病院では、抗うつ薬、抗不安薬、睡眠薬、自律神経末梢作用薬、漢方(黄連、抑肝散剤、芍薬)ちなみに漢方は薬と一緒ですよ。

セルフでは、半身浴やヨガ、アロマテラピーなど。

当院では、症状や状態から働きのおちている器官や働きそのものにかかわる部分を神経機能を通して調整します。
働きのおちている部分、働く器官つながり、身体全体の働きの安定を目的に施術します。

お悩みの方はご相談ください。

弁天カイロプラクティックオフィス
06-6572-8281
大阪市港区弁天2-13-20-302

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です