ぎっくり背中

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは

弁天カイロプラクティックオフィスの冨永です。

ご来院いただいている皆様ありがとうございます。

今日はご来院くださった方の症状から肩甲骨の内側の痛みについてです。

ぎっくり背中とかけんびきが痛いという言い方をされる方もいらっしゃいます。

肩甲骨を内側にひく筋肉の過度な緊張や肩甲骨と肋骨のすべりの悪さから起こることが多いのです。

物を持った状態での急な体のひねりや腕での作業、同じ姿勢での固着化といったことが原因で起こります。

今日の方は、少しきつい状態で顔を左右に向けると痛みがでる状態でした。

普通に立ったり座ったりしているだけでも違和感が出ていることも多くかなり不快です。

そして、冬場になるとより症状がきつくなることもよくあります。

一般定な処置は、ホットパックやマッサージ、低周波などの電気、注射です。

当院では肩甲骨、腕、背骨、骨盤といった関節と共に筋肉の伸縮を促す処置を行います。

楽になって十分な動きをとりたいですよね。

弁天カイロプラクティックオフィス(http://www.bntn-of.com
06-6572-8281
大阪市港区弁天2-13-20-302

ご予約はこちらへ → 予約フォーム
  お急ぎの方はお電話でどうぞ  Tel: 0665728281

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です