シンスプリント

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは

弁天カイロプラクティックオフィスの冨永です。

ご来院いただいている皆様ありがとうございます。

今日、同業者さんからシンスプリントの治療について質問の電話がありました。

シンスプリントは中・長距離の選手やサッカー、など長い距離を走る人に多くみられます。
症状は、脚のすねの内側の痛みです。

運動によってすねの骨の内側に過度に負担がかかり骨膜の炎症が起こったものです。
足首を動かす筋肉が繰り返し使われることで筋肉の付着部分が引っ張られ起こるとされています。

一般的な治療は、アイシング、インソール、電気などの物理療法、ストレッチ、筋力トレーニングです。

当院でのアプローチは、筋肉付着部分や筋肉の負荷軽減のための筋膜・筋肉のリリース。
足部の骨の位置調整・筋肉調整。足・膝・股関節と連動した動きの調整。
左右の重心バランスと左右の脚部の連動を調整。

症状の部分だけでは長引きやすいのでトータルでみていく必要があります。

弁天カイロプラクティックオフィス(http://www.bntn-of.com
06-6572-8281
大阪市港区弁天2-13-20-302

ご予約はこちらへ → 予約フォーム
 お急ぎの方はお電話でどうぞ  Tel: 0665728281

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です