だるさ 身体のスイッチをON

こんにちは

弁天カイロプラクティックオフィスの冨永です。

当ブログへのご訪問ありがとうございます。

昨日は、先週、何が悪いかわからない不調でご来院下さった方がご来院くださいました。

もとの状態は、食欲がなく動いたり何をするのも気だるさがあり病院へ検査にいっても問題なしで数か月家でおとなしく生活されていたとの事でした。

開口一番、先週の施術後から、身体が動きやすくだるさが抜けて動きやすくなったと感想を頂きました。嬉しいです。

実際、身体の活動(関節の動かしやすさや安定性、筋肉の働き)を検査してみると前回よりはかなり良くなっていました。

内臓系の働きもチェックして検査で働きが完全に戻っていない所を調整して施術を終えました。

だるさは消えたと思ってきたけど、今日の調整で、だるさがもう一段階なくなり、動きやすさもより楽になったと感想頂きました。

だるさ 

病院では色々と検査したが問題なし ⇒ ビタミンの処方と様子見 ⇒ 症状そのまま

画像や数値にはでない身体の働きスイッチが入らない事が原因

この働きスイッチが問題となって色々な症状を出す事は多いです。

精神的な疾患と診断されるものでも、原因がこのスイッチが原因となって自律神経や身体の問題を引き起こしているものはとても多いです。

辛い症状・悩んでいる症状の改善に向けて検査、調整受けてみませんか?

弁天カイロプラクティックオフィス ⇐予約フォーム

06-6572-8281

大阪市港区弁天2-13-20-302

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です