産前・産後の腰痛・恥骨痛・関節痛

このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠・出産・育児での身体への負担を軽減♪
ゆがみをとって子供と元気に過ごしませんか?

妊娠・出産・育児は女性の身体に非常に大きな負担 をかけています。

妻は妊娠中、出産後とカイロプラクティックのケアを受けていたためか
腰痛や背中の痛み等の不調には悩まされずにすみました。

しかし知人の先輩ママさんたちの話では、
腰痛、肩こり、背中の痛み、恥骨の痛み、尾骨の痛み、股関節の痛み等々。
痛みのオンパレードだそうです。

痛み以外でも尿漏れや、がに股になった、骨盤が大きくがゆがんだ、
生理痛がひどくなったなど症状は様々です。

妊娠期に出やすい症状

胎児の成長に伴い、お腹が大きくなることから

①骨盤が開く
(骨盤のゆがみ、恥骨痛、腰痛)

②腰のカーブが大きくなる
(痛や足・脚・お尻に痛み・しびれ)

③背中が猫背になる
(背中の痛み・肩こり・胸や肋骨の痛み、呼吸のしにくさ)

④頭が前の方へ
(首のこり・頭痛・立ちくらみ)

他:胎児は骨盤のゆがみや背骨のカーブなどから逆子となることがあります。、

産後に出やすい症状

出産により骨盤が広がることから

①恥骨痛
②腰痛
③骨盤のゆがみ
④尿漏れ

育児期に出やすい症状

授乳時の無理な姿勢や抱きかかえによる

①重心のずれ
②背骨や骨盤のゆがみから発生する
 肩こり、腰痛.、背中の痛み、
 肋間神経痛、呼吸のしにくさ

これらの症状を改善するには筋肉を緩めるマッサージでは難しいものです。

また、症状が出る前に早めのケアをおすすめします。
症状を放置しておくと、慢性化したり、

症状がひどくなる可能性があるからです。

当院では、安定期から施術を行っています。

詳しくはこちらをご覧下さい →