靴底

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは

弁天カイロプラクティックオフィスの冨永です。

ご来院いただいている皆様ありがとうございます。

今日は, 出張施術の日でした。

電車で乗り換え移動中,階段でふと斜め前の方若い男性の皮靴に目が行ってしまいました。

右側の靴だけが

かかと外側半分,外側後ろから半分くらい,かなりすり減った状態でした。

歩き方にまず目が行き,靴を見てこの状態でした。

ホームで立ち止まったのでふっと姿勢をみてしまいました。

かなり中心軸が偏りねじれた状態で電車を待っておられました。

そして足元はすり減った部分に体重かけて立たれていたのです。

おそらく普段からその姿勢が一番とりやすい姿勢状態になってしまったようです。

履物の底が安定していないと、姿勢の崩れにつながります。

また、逆に姿勢が崩れると靴底のすり減りに左右差が出てきます。

ご自身の履物の底面・姿勢の状態はどうですか?

弁天カイロプラクティックオフィス
06-6572-8281
大阪市港区弁天2-13-20-302

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です