三叉神経痛

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは

弁天カイロプラクティックオフィスの冨永です。

ご来院いただいている皆様ありがとうございます。

昨日の施術を受けていただいた方で、三叉神経痛の方がいらっしゃいました。

私自身ちょくちょくと対応させていただく症状でありながらご存じない方も多いので三叉神経痛について書かせていただきます。

三叉神経痛とは、顔に触れたり、ものを食べたりと動きの拍子に顔や目の奥などに痛みが出る状態です。痛みはかなり激しいものもあります。
 感覚を伝える三叉神経という神経に何かしらの原因で刺激が入ることで起こす痛みです。

症状は、

顔や顎、目の奥の痛み、時にはしびれ感が洗顔や歯磨き、飲食、化粧などの動作時に起こる。

一般的な対処法は、

てんかん用の薬などによる神経の伝達を抑え痛みを軽くする。
手術により、腫瘍の摘出、空間の解放。
麻酔薬によるブロック注射

当院のアプローチ 

原因部位の空間解放のための骨間調整、膜の緊張解放、骨格バランス調整 

かなり長い年月、痛みをもっている方も多いです。早めの対応で楽になりましょう。

弁天カイロプラクティックオフィス
06-6572-8281
大阪市港区弁天2-13-20-302

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です