痛みからの身体のゆがみ

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは

弁天カイロプラクティックオフィスの冨永です。

ご来院いただいている皆様ありがとうございます。

今日は、頭痛でご来院いただいた男性の事を書かせていただきます。

頭痛の前の症状は肩のこりと痛み、その前は腰痛、そして、はじめは膝の痛みだったそうです。

膝の痛みは、気が付いたら痛くない状態で治った

と思ったら

腰痛がでて、これも気が付いたら痛くなく治った

と思ったら

今度は肩のこりと痛み

これも気にならない状態になって

今回、頭痛が出て引かなくてご来院されたとの事

そして姿勢をみさせていただくと

左ひざを少し曲げ、骨盤を後ろにねじり体幹を少し右に傾け

右肩が下がりながら前にねじり

首は左に傾きながら少し後ろにねじった状態でした。

つまり、痛みを避けながら体をねじってゆがみをつくって逃げ場がなくなり頭痛が引かない状態になっていたのです。

施術では、順番に関節と筋肉の調整してゆがみの調整とともに頭痛もおさまりました。

痛みの場所が移動するのにも意味があり、ゆがみにも意味があります。

症状やゆがみで気になる方はご予約ご来院ください。

弁天カイロプラクティックオフィス
06-6572-8281
大阪市港区弁天2-13-20-302

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です